美ジネス

【これさえ抑えれば完璧】惹きつける文が書けるライターの極意3つ

こんにちは🌞ちーちゃんです♪

今日は、ライターの極意について3本立てでお伝えしていこうと思います。

ライターとは、ただ文章を書く人だと思われるかもしれませんが、

NONO👆〝

そうではなく、読者さんにとって役に立つ有益な情報を
時間を割いて調べて提供してあげる役目。

そして、読むことで心が楽になったり、楽しい気持ちになったり
やる気が起きたり、プラスの感情に持っていく役割だと思っています。

私は幼稚園の先生時代から
ライターの仕事をしていましたから、

書いた記事によって、たくさんの人から
ありがとうと言われる喜びをしっています。

なので、文章ひとつで
救うことができるんです。

素敵な仕事ですよね。

あとは、ライティングといえば、
自分で事業をやるときのセールスのときにもつかいますよね。
あとは、ラブレターとか笑

結果、どこにいたって何をするにしても使える大切な技術なんです!

私は、今
20人くらいのライターさんを雇っていて
ライターの活動はしていませんが、

自分のライター経験も含めて

惹かれる文を書くライターの極意をお伝えしていこうと思います。

極意1、なるべく読み返させない文章を書くこと!

 

説明なしの急な話題の転換だったり、1度頭の中に作ったイメージ図を脳内変換させないために、説明が必要だということです。

アニメドラえもんでいったら、

登場人物ののび太が急にしずかちゃんと結婚していたら
えっ!いつのまに?あの冴えないのび太がどうやってしずかちゃんの心を射止めたの?

って頭ぐるぐるするじゃないですか?(具体例の表現が下手ですみません笑)

ようは、
ん??どういうこと?ってさせないってこと!!笑

ストーリーを書く時は、段階を踏んで書きましょうね!

極意2、読み手に脳内変換させない文章を書く

例えば、

ポジティブな内容から、ネガティヴな内容にいくとき、

こちらは、状況を知っているからいいけど、
読み手は0ベースから読むので、

「あれ?いつのまにネガテイブな状態になっちゃったんだろう?
ちょっと読み返さなきゃ。。」と

読み手の混乱を招いてエネルギーを使わせてしまうんです。

読みかえさないと理解しにくい文章は
読み手のエネルギー消費が大きくなり、場合によっては途中で読む気力がなくなり
離読されてしまう可能性も出てきてしまうんです。。

接続詞を入れたり、ちょっとしたコツで防ぐことができます。

極意3、情景描写、感情描写を入れる

ライティングにおいて
【人の感情を動かせるのは人の感情だけ】という考え方があります。

人が感情を動かされるときというのは、状況をイメージできたとき

つまり、ありありとした情景が日必要なのと、
その時の感情描写が必要なんです。

例えば、

スターバックスのコーヒーを注文したら、

容器に書かれた〝enjoy〟の文字。

気分が落ち込んでいたけれど、
とても幸せな気持ちになった。

という文章があるとします。

情景描写、感情描写を入れてみましょう。

スターバックスのコーヒーを注文したら、
店員さんが書いてくれた容器の〝enjoy〟の文字を見つけて

〝最近、仕事のミスばっかりで上司に怒られてばっかりで
何事も楽しめてなかったな…〟

気分が落ち込んでいたけれど、
とても幸せな気持ちになった。

登場人物の情景が浮かぶことで、かなりリアルな内容になりましたよね!

リアルであればあるほど、鮮明であればあるほど、
心のボソを表現すればするほど、リアル感がまして

まるで自分もそうかのように
人は感情が動くようになります。

以上の3つができていると、一気に魅力的な文章になります♪
あなたの虜になること間違いなし!

ぜひ、試してみてくださいね♪

そして、サイト運営によって

役にたって喜んでもらいながらお金まで稼げてしまうそんな素晴らしい神ツールです♪
知りたい方はこちら♪

 

先生
ちーちゃん
プロフィール
\ Follow me /