ライティングスキル

【キャッチコピーが一番重要】初心者の簡単キャッチコピー作り方とは? 

こんにちは🌞ちーちゃんです♪

私は、ライティングを教えている立場なのですが
日頃書く、記事、ランディングページなど
このキャッチコピーが書けるか書けないかで、読めれるか読まれないかが決まる!!

ってことを今日はお伝えしたいです!

何か、伝えたいことがあるとき、何かおすすめ商品やサービスを販売したいときもこのキャッチコピーさえ書くことが出来たら、伝わるし、
商品って売れるんですよね。

逆に、どんなにいいものでも、
キャッチコピーが魅力的ではないと売れないってことです。、

あっ!これは、まだ信頼関係がないお客さんに向けての発信のときです。

 

自分の知り合いなら、

「ねぇねぇ!!これめちゃくちゃ美味しいから食べてみて♡」って直接話せるから、
表情や手振り身振りを使って伝えられるけど、

例えば、まだ信頼関係が築けていない人であったり、
あなたのことを知らない、もしくは知ってもらうためにも、まずは

読んでみたいなーー!!って思ってもらうようにしなくちゃいけない!!!

 

そのためには、キャッチコピーが必要なんです!!

いっくら、せっかくいいことを書いたのに
読んでもらえなかったら、宝の持ち腐れ。。

信頼関係を作っていくまでの間、まずは、
自分の記事を読みたいなーって思ってもらえるために
魅力的な「タイトル、キャッチコピー」を
作っていきましょう♪

◆キャッチコピーとは何なんだい??

キャッチコピーってなんじゃい??っていうことを一言で言うと

〝人の注意を引く宣伝文句〟ということなのですが、

ウィキペディアによると、

キャッチコピーキャッチフレーズとは、主に商品や作品の広告など、何らかの告知や宣伝に用いられ、謳い文句や煽り文句となる文章で、広告コピー(広告文)の一部である。惹句とも呼ばれる。

1文、1行程度のものから、数行に亘る物まで形式は様々である。広告や宣伝においては、キャッチコピーで商品の印象が決まると言え、その出来如何によっては商品自体の売れ行きが大きく左右される事になるため、重要視される。職業としてキャッチコピーを含む広告コピーを創作する者をコピーライターという。

と書いてあります。

短文でその商品を最大の表現する言葉ってことですよね♪

キャッチコピーは、こういう内容なので読んでください♪というオファーになります♪

とりあえず読んでみよう♪と思ってもらえること。

◆有名なキャッチコピー

・そうだ、京都に行こう JR東海
・ヤメられない止まらないかっぱえびせん♪
・Be a Driver.(マツダ株式会社)
・体にピース (カルピス)
・drive your dreams (トヨタ自動車)
・The Power of Dreams (HONDA)
・あなたとコンビニファミリーマート(ファミリーマート)
・セブンイレブン、いい気分♪(セブンイレブン)
・インテルはいってる(インテル)
・日本の女性は美しい(TSUBAKI)
・ファイト!一発!リポビタンD
・お正月を写そう!(富士フィルム)

などなど、たーーくさんあります♪
見たこと聞いたことのあるものも多いですよね♪

◆キャッチコピーの威力を見せつけてくれたパターン

(公式ページより)

1、ネピアモイスイチャーティッシュ

鼻セレブ

みなさん一度は手にとったことがあるでしょう!!
この名前に変えてから、売り上げ4倍に。(うひょーーーー!!)

2、缶コーヒーWEST

BOSS

こちらもCMでおなじみ、18年間続くロングセラー商品です!

〝名前を変えるだけで、こんなに違うの??〟

って思いましたよね。。

はい、商品の中身は一切変えていません。

変えたのは、たったのキャッチコピーだけ。

そうなんです!!!これがキャッチコピーの凄さ!

 

ということで、キャッチコピーのすごさをお伝えしました!!
次は、作り方について!!

キャッチコピーってどんなふうに作る?

親しみやすさ、わかりやすさ、インパクトが揃ったネーミングが必要になるのですが、

そんな素敵なキャッチコピーがすぐに作れるかって、残念ながらそう簡単には作れません。。

コピーライターという仕事があるように、この仕事に特化して専門にするくらいとても重要な役割があるということは、そんなものすごいニーズのある業務。

それに時間をかけて、ご飯を食べているということは、

それくらいの負荷をかけて、はじめて
素敵なキャッチコピーって出来上がるんです。

私のキャッチコピーの作り方

私は、まずはインプットからします。

CMとか、お菓子の商品名とか、電車の広告とか
雑誌とか、ネットの記事とか、あらゆるところから
情報を引っ張ってきて、自分いいなぁと思ったものをとにかくメモ!!!

そこから、自分流にアレンジしてアウトプットするという感じです♪

ひとつキャッチコピーを作るとするなら、100個くらい書きます。まだまだ満足したキャッチコピーができないことが多いです。。

あっ!あとは、何か目の前にあるもの(コップとか)に対して

〝これにキャッチコピーをつけるなら。。?〟

〝これを短文で面白く伝えるとするなら?〟と練習しています。

これをしていくと、言語化が上手になり、

ある時ピンときます。

 

日頃、こういう癖をつけておくと、
キャッチコピーを作るときも慌てずに済むという大きなメリットが笑

そして、会話の中にも、無意識にうちにキャッチーな言葉が勝手に出てくるようになり、
「ネーミング上手ですね♪」なんて一目置かれるようになります(*^▽^*)

リアルなコミュケーション能力もますます磨かれますので、

 

ぜひ、トライしてみてくださいね。

 

ではまた〜♪

先生
ちーちゃん
プロフィール
\ Follow me /